忍者ブログ
りす屋の住人、Pazが独り言を言ってる気がします。1日目 西 て-09b「りす屋」
[101]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [90
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

まずは宣伝~!
リスゲオンにも描かれてる颯田 直斗先生の初単行本「巫女と科学の嘘八百万」の予約開始なり!
っつーことでとりあえずamazonのアドレスを貼っておくのだー。
http://tinyurl.com/44nvohn
巫女好きは布教用も買うんだぞ!

それからこちらも大事!リスゲオンにも描かれてて、夏にアニメ化も決定した「ゆるゆり」の6巻が6/18に発売である!
もちろん買うよな?俺は少なくとも3冊は買うよ・・・!
http://tinyurl.com/3vrm7t7


時間がない。金曜日までにやっておきたいことが全然できてない、まだ20%くらいしか・・・やべえ!


という状況なのに、左手には酒がッ!
ここを見ている殆どの人が20歳以上だろうということ前提でお勧めのお酒の話。

まずは地元山口は岩国で、始めて日本酒部門で一位に輝いた日本酒を、と行きたいところですがまだ手に入ってないのでそれはいつか。とりあえず目の前にあるこの酒をご紹介。

LAODI」というタイ生まれのアグリコール・ラムになります。
日本のおっちゃんがなぜかタイはラオスでラムを作ることになった、という不思議な設定なのです。
不思議、とはいってもちゃんと理由はあるんですね。ラム酒といえばサトウキビを原料にして作る蒸留酒なわけですが、その原料からして海の近くの国々で作ることになります。

ところが、このラオスのサトウキビ畑は海の面していない地域で作られているんですね。確か。
ということは海風に当たらないわけで・・・それが原因なのか、ラオスでとれるサトウキビはすっきりとした苦味の無い味が特徴なのです。そしてそれがLAODIの最大の特徴であるすっきりとした飲みやすさと、癖のない旨みを両立させてるんだと思います。もちろん日本人ならではの細かい管理がその味を支えているのでしょう。

そしてとても大事なこととして、安いことですね!アグリコール・ラムはスゲェ手間がかかるので割とびっくりする値段がします。(イメージでは4000円~10000円以上って感じ?)
それがLAODIは2800円くらいで飲めます。これはちょっとびっくりする値段。少なくともこの味でこの価格は驚けます。一度お試しあれって感じですな。

さて、ストレートで飲むとアルコール度数が40度もあって大変危険ですw
正直ストレートでも飲みやすいので、俺みたいなのはスイスイ飲んでしまうのですが、作業しながらでは大変危険でしょう、うん。ってわけで、何かで割って飲むのもいいでしょう。最近お勧めかなって思うのが「Wilkinsonのジンジャエールで割って飲む」ですね。正直ウィルキンソンのジンジャエールは「ゼロカロリーなんて望んでなかったんだよ!」っていう意味で期待外れだったんですが、LAODIで割って飲むと程よいスッキリ感と芳醇な香りでいい感じのカクテルになった気がします。一度是非お試しあれ!


うーん、しかしカードゲーム作ってる人のブログではないなこれは。まあいいじゃん。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[10/21 ソフィ]
[10/21 ジャック(257)]
[10/18 ささら(169)]
[10/17 ソウジョウ@blauburg]
[09/18 むし子/風楽(986)]
最新TB
プロフィール
HN:
Paz
HP:
性別:
男性
自己紹介:
サークル「りす屋」のメイン住人です。
バーコード
ブログ内検索

Copyright © りす屋外 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]